記事一覧

夏も快適!ニットで軽い「ナイキ エア フォース 1 偽物」を見つけて即買い!

たぶん4足目か5足目か。ひさしぶりに「ナイキ エア フォース 1」を買いました。3~4年ぶりぐらいかも。

夏に履く白いスニーカーが欲しいなと思ってネットをぷらぷらしていて見つけた「ナイキ エア フォース 1 クレーター フライニット」(1万3200円)。そういえば数年前、街でニットアッパーの「エア フォース 1」を履いている人を見かけて欲しくなり、いざ買おうとしたら売り切れだった記憶が…。今回は無事買えました。

图片描述

スタンダードな「エア フォース 1」って重いですよね。履き心地もハイテク系と比べたらまぁ…。でも、1982年の発売以来ほぼ変わらずなわけだから、それは当然の話です。

そんなことを言いながらも、なぜかつい買っちゃうんです。そういうスニーカーってありませんか? コンバースの「オールスター」とか、アディダスの「スタンスミス」とか。常に持っているわけじゃないけれど、一度履き始めるとカカトが磨り減ってミッドソールが見えるまで履き潰す。その後は他のスニーカーに行くんだけど、数年後にまた買ってしまう。「エア フォース 1」って自分にとってはそういう存在。

でもね、このフライニットの「エア フォース 1」を手にした時はビックリしました。とにかく軽い。ニットアッパーだから涼しそうで夏にいいなと思ってたんですが、これは想定外でした。

图片描述

ソールも軽いんですよ。全体の重さはスタンダードな「エア フォース 1」の半分ぐらいな感覚。アッパーだけ見て即買いしたけど、これはうれしい誤算です。

■実はサステナビリティ

このモデル、最大の特徴はやはりフライニットのアッパーです。

图片描述

▲中から指で押してみた

ニットとはいえ、ランニングシューズのようなパフォーマンス系スニーカーとは違いビヨンビヨン伸びるタイプではありません。生地はそこそこ厚みがありしっかりしている。だから、通気性は良くしつつカタチはキープしてくれそうです。

そしてところどころに、「エア フォース 1」らしくレザーがあしらわれています。

图片描述

▲サイドのスウッシュはレザー

图片描述

▲ヒールはスウェード。NIKEやAIR、スウッシュはエンボスのように凹まして表現

图片描述

▲いつもは金属製のシューレースプレートもレザーに

感心したのはアッパー全体のデザイン。「エア フォース 1」といえば、3枚のパネルを組み合わせたサイドや、ポコポコ穴が空いたフロント上部のレザーが見た目の特徴になっています。それを、ニットの織りを変えたり、ほんのりグレーの糸を混ぜたり、高さを変えたりすることで表現しています。

图片描述