記事一覧

ソックススニーカーといえば、の「スピードトレーナー」。

かなり人気商品のため、目にしたことがある!という方も多いであろうバレンシアガのスピードトレーナー。ファブリック(布)で出来たスニーカー、つまりソックススニーカー。メリットはやはり周りと差をつけられることと、履いていてとても楽で歩きやすい!ということ♡

バレンシアガスーパーコピー★SPEED メタリック スニーカー グレー 8032207

新色は、メタリックグレーに、ブラック&ホワイトソールです。
とても人気がある商品ですので、完売確実間違いないでしょう!!
日本サイズ :
23cm(36) 23.5cm(37) 24cm(38) 24.5cm(39)
25cm(40) 25.5cm(41) 26cm(42) 26.5cm(43)
27cm(44) 27.5cm(45)

21AW バレンシアガ スニーカー 偽物 スピードトレーナー SPEEDニットハイカット 20092211

【素材】ナイロン
【カラー】
ブラック 
ニットソック、
ソックにバレンシアガのロゴ、
ホワイト&ブラックのテクスチャードソール、
メモリーソールテクノロジー、
ショックアブソーバー、
超軽量シューズ:240g、
ソールにバレンシアガのエンボスロゴ、
10mm アーチ

2022新作 バレンシアガ スニーカー スピードトレーナー新色red 8031207

SPEED TRAINERスピードトレーナー
BLACK×WHITE/RED(ソール)
日本サイズ :
23cm(36) 23.5cm(37) 24cm(38) 24.5cm(39)
25cm(40) 25.5cm(41) 26cm(42) 26.5cm(43)
27cm(44) 27.5cm(45)

【関連記事】:https://www.zamnoy.com/blogs/tikecopy520

「ナイキ エア プレスト」から冬にうれしいファスナー付きのミッドカットver.が登場!

今からさかのぼること20年以上前、2001年にリリースされたシューズ「ナイキ エア プレスト」。当時はサイズ展開が「S」「M」「L」と表記されたことで、“足のためのTシャツ”と称され、かなり斬新なデビューとなりました。現行品では一部で初代と同じサイズ表記のモデルもあるものの、多くは0.5単位で展開されています。当時を知るスニーカー好きなら、かなりビックリさせられたのでは。

その軽量でしなやかな履き心地から、今ではすっかり定番の一足となりましたが、今季、冬に嬉しい機能性を高めた新作「ナイキ エア プレスト ミッド ユーティリティ」が登場します!

エア プレストならではの高い伸縮性で優れたフィッテイングを提供するアッパー構造はそのままに、ミッドカットへとアレンジ。保温性と保護性能をより一層高めています。ミッドカットになった分、脱ぎ履きしにくくなったと思ってしまいますが、さにあらず。履き口にファスナーが設けられたことで、とっても楽ちん! さらにミッドカット部分の素材はメッシュを採用し、通気性もしっかりと確保しています。

ナイキ Air Max Plus シュプリーム 偽物 シュプリーム ナイキ エアマックス プラス Box Logo WHITE20D11C2

シュータン箇所 Box Logo あり ボックス ロゴ)
2022年、Supremeはランニングスニーカーをアップデートし、新たな高みへと導きまし
た。
※ ナイキエアマックスプラススプリームホワイトは、3つのパックの中でより繊細な
カラーウェイです。
※ アッパーはより複雑で、スニーカーのTPU技術をデザインの重要な要素として利用して
います。
※ TPUは「SUPREME」という言葉を綴るように変更され、コラボレーションに不思議な
ブランディングが追加されました。 そこから、ユニバーシティレッドのジュエルスウッシュ
が大部分の白いシルエットにポップな色を加えます。


【関連記事】:http://cirandas.net/cookshop985/blog

2022年は寅年!だからシューズも虎柄で!ポイント使いがオシャレだぞ

2022年がやってきました。せっかくの新年だから、何か気分を盛り上げたい。ナイキ スニーカーだったら今年の干支にインスパイアされた新しいスニーカーを履いてみてはどうでしょう。

職人のハンドメイドにこだわるレザースニカーブランド・スピングルムーヴから1月1日発売となるニューイヤーモデルは、ミッドカットモデル「SPM-470」(2万5300円)とローカットモデル「SPM-186」(2万3100円)の2モデル。2022年の干支は"寅”だけに、インパクトのある虎柄をあしらい、しかも牛革に虎柄をプリントすることで、丑から寅に変わる干支を表現しています。

「SPM-470」は、ブランドでも人気のミッドカットモデル「SPM-433」がベース。ブラックに虎柄が際立ち、パンツの裾からのぞかせればインパクト大! イエローのステッチもアクセントになっています。

ベージュのコットン平紐に加え、寅をイメージしたブラックの蝋引き丸紐が付いているので、好みで付け替えて使えます。

「SPM-186」は、定番のローカットモデル「SPM-241」がベース。「SPM-241」では展開していないダークブラウンを基調に、アッパーのステッチ、スエード、ブランドロゴが刻印されたレザータブはオレンジ色に統一。

インパクトがありながらもスッキリと統一感のあるカジュアルさが魅力です。こちらも標準装備のブラウンのコットン平紐に加え、寅をイメージしたベージュの蝋引き丸紐が付属します。

いずれのモデルもユニセックスでの展開で、XSからXLまでの7サイズ。ライニングとインソールは高級感のある黒で統一し、インソールのロゴは金色。新年を祝う特別仕様とのことで、なんだか縁起がいいですね!

スピングルムーヴではニューイヤーモデルの発表は初となるだけに、気合いの入ったモデルに仕上がっています。足元も2022年仕様にキメていきましょう!

【関連記事】:https://kopishoping.tec29.com/